外国為替市場とヘッジファンド

uiyruere97 FXは通貨を銘柄にした金融商品です。異なる2つの通貨を1組のペアとして、外国為替市場の為替相場のレートの変動を利用し、お互いに売買しあいながらその為替差益を求めていく投資取引になります。

取引きをする過程においては、通貨に対して新規の注文を行って保持し、その通貨の価値が為替レートによって変化するのを待ち、決済注文を行ってその通貨を解消して、利益や損失を確定していくことになり、これがFX取引での投資取引の一連になります。
ここからもわかる通りに、利益を求めるためには為替レートの変動、というものがとても重要になってきます。

外国為替市場の為替相場の値動きは、通貨を発行するそれぞれの国や地域の経済の状況や政治動向、その相互の関連性、または戦争やテロ、大きな自然災害などによって、秒単位で常に変動し続けています。
こうした為替レートの変動の要因には、世界中の投資家などの売買の思惑や心理などもあり、その中の大きなものの一つにヘッジファンドの動きというものがあります。

ヘッジファンドとは、大まかに言うと投資取引を仕事にしているプロの投資家の投資行動、もしくはその行動をとるための基金、その行動を取るプロ投資家の個人や集団を指す言葉になります。

投資家の中には個人で投資を行うものや、集団で相互に助け合いながら投資を行うものもいますが、その中にはファンドマネージャーという投資で資産を運用することを仕事としている投資家もいます。
ファンド、つまり基金になりますが、資産を増やしたいが投資経験がないといったような顧客が資金を集めてファンドを作り、それをプロの投資家に委託し、その基金を元にプロの投資家が様々な金融商品を用いて資産の運用をして利益を生み出していきます。
その中でのリスク回避行動などの事をヘッジファンドと言い表したりします。

ファンドマネージャーの目的は顧客の資産を増やすという事にあり、その顧客から利益を得ているプロになりますので、徹底した投資行動をとり、抱えている資産が減っていくことを回避するために、例えば自動プログラムなどを使って高速で売買注文を繰り返し、相場の値動きをのものを作り変えていくという、いわゆるモデル系ヘッジファンドというものなどもあり、時にはこうした術を用いて、自分たちの投資が有利な方向になる様に相場誘導などをおなったりもするのです。

こうしたことから、ヘッジファンドの行動に注視して、その行動に追随、もしくは反発する行動を取ることで利益を得ようとする個人投資家も大勢おり、こうしたことが為替相場を動かす要因になっています。

FX取引では、為替レートの値動きを予測するために、様々な要因から為替市場を分析していくと思いますが、そのなかにこうしたヘッジファンドなどの動向の情報も盛り込んでおけば、相場の大きな変動を事前に察知することに役に立つことでしょう。