FXの最大の特徴

uiyruereFXの最大の特徴は、一度取引をすれば後は何もしなくても勝手に利益が増えていくことにあります。

FXは外国為替証拠金取引という名称になっていますので外貨の取引として認識されることもあるのですが、FXは金融商品としての意味合いが非常に強い取引でもあります。金融商品というのは、簡単に言うと金利を扱った商品の事を言います。

FXのように外貨の交換を行なう取引では、交換した際に国内の通貨の金利とは違う金利が設定されていることがあるのです。こうした金利差を活かす取引の事をスワップ取引と言います。

金利というのは、1年という単位で見て元金に対して設定される付加価値の事を言いますので、年利と同じ意味と考えて間違いありません。例えば、100万円のお金を銀行に預けた場合に1%の金利が付くと銀行側に言われたときには、1年後に101万円のお金が口座の中に入っていることになります。

元金の100万円に対して付加価値である1%分のお金が入ってきたわけです。金利の魅力的なところは、金利に伴って利息も発生することにあります。利息というのは、金利で出てきた利益を月の数で割ったものの事を言います。

先ほどの例では、1年分の利益である1万円を1年分の月の数である12で割ったものが利息になるわけです。利息は金利から生まれる月々の利益になりますので、スワップ取引のような金利が発生する取引では定期的に勝手にお金が入ってくることになるのです。

何よりFXのスワップ取引の最大の魅力は、非常に金利が高いことにあります。国内通貨の金利というのはかなり低い状況になっているのですが、外貨に設定されている金利というのは非常に高く設定されている傾向にあります。

国内では1%程度しかない金利であっても外貨には5パーセント以上の金利が設定されていることもあり、国内の金融商品を利用するよりも遥かに高い金利でお金をもらうことができるようになっているのです。具体的に言いますと、国内通貨の金利が1%で外貨の金利が6%だった場合には、この両者には5%の金利差が生じていることになります。

この金利差がスワップとなりますので、そのまま利益として手元に入ってくることになるわけです。FXにはデイトレードのような短期的な投機がありますが、本来はこうした長期的な期間で利益を出すスワップ取引のような方法が投資としては正しいのです。

何もしなくても勝手に利益が生まれるわけですから、一度取引をすれば後は経済的な情報も為替の分析もする必要が無くなります。これほど簡単な資産運用はないのです。次回はFXとバイナリーオプション 比較という題材でまとめてみたいと思います。

先行投資

先行投資には、色々と事例はあります。株券を購入する事も先行投資の1つに該当しますが、経営などもそれに当てはまるのです。
そして経営の場合は、将来的に大きな利益が発生する可能性に期待をして、人件費などの投資をするケースが目立ちます。それが理由で、借金を行うケースもあるのです。

例えば会社を立ち上げたとします。それで1人だけでは作業量にも限界があるので、雇用するという選択肢が浮上する訳です。当然誰かを雇うとなると、人件費などが発生する事になります。もちろん社長としては、そのためのお金を払う事になる訳ですから、それは先行投資に該当する訳です。

ちなみに先行投資の考え方は、一旦はお金などの支払いが発生しても、今後は利益が生み出されるという考え方に基づいています。会社が誰か従業員を雇うとすると、人件費などは払う事になりますが、長期的に見れば利益が発生する可能性もあるでしょう。人件費は500万ですが、今後の利益見込みは800万といった具合です。

それは何も人件費だけではありません。設備投資なども、それに該当する訳です。
そもそも会社の業務を効率化させるためには、色々な設備が必要になる一面があります。設備が無くても業務を行う事は一応可能ですが、何らかのツールがある方が、明らかに効率的という考え方もあるのです。

パソコンが無くても業務は可能ですが、ある方が便利でしょう。こういう時にパソコンに対して支払うお金は、先行投資に該当する訳です。業務が効率化すれば、生産性が著しく増加して、大きな利益が発生する可能性もあるでしょう。

こういった会社経営に関する投資は、とても多く見られるのです。そしてお金を支払っている訳ですから、時には会社は借金をする事もあります。それで事業用ローンなどを利用している会社も多い訳です。ですからローンも、ある意味投資の1つに該当します。

このように経営による長期的な利益を目的にして、何かを購入する事柄全般が、先行投資と表現される事が多いのです。確かにそれで、売り上げがアップする事はあります。
ただし投資をするにしても、リスクには要注意です。投資をした結果、残念ながら利益が発生しないケースも稀にある訳です。リスクはゼロではありません。

このリスクに関する想定が不十分で、後になって大変な状況に追い込まれている方々も、しばしば見かけます。本当に投資をする価値があるかどうかは、よくよく考える事も重要と言えます。